プログラマの休みを利用した復習の効果

仕事の経験があまり無いうちは、大きな責任ある仕事に従事するには不十分です。与えられた仕事をこなせるかどうかについて未知数な部分が大きく、仕事をこなせない可能性があります。多くの仕事を経験するうちに、自身の力量や仕事で行うべき作業工程などについて正確に判断できるようになります。まだプログラマとして仕事に従事したばかりの未経験者では、直接開発の仕事に関わる機会は少ないです。それでも、自身が実際に開発の仕事を割り当てられることを想定して、スキルアップを欠かさないことが大切です。

まだ経験が浅いプログラマにとって、休暇の過ごし方が大きな意味を持ちます。方法として、仕事で得た知識や経験について改めて整理することが役立ちます。仕事を体験した当時には、はっきりと理解できていたことであってでも、時間の経過と共に具体的な内容を忘れがちです。その結果、仕事上の重要なポイントを見逃してしまい、同じ過ちを繰り返してしまいかねません。

休みを利用して、これまでに職場で経験してきた内容を再度確認することで、本当の技術者の実力として仕事のノウハウが身に付きます。休みの間にプログラミングに関する知識やスキルをきちんと復習できているかどうかが、エンジニアの成長の差を生み出します。成長が早いプログラマが身近にいる場合には、彼らが休みをいかに有効利用しているかについて、調べてみる効果が大きいです。そこに成長のためのヒントがあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です